卒業生の声

岡田 満雄

岡田 満雄(おかだ みつお)

Capy Inc. Founder and CEO

2010年 知能情報学専攻 博士後期課程修了

私の所属していた研究室では,今までの固定概念にとらわれず,常に新しいアイデアをインプットし,ダイバーシティを進め,革新的な試みにチャレンジすることに対して極めて寛大でした.そのような環境の中で,私は在学中,暗号を用いたデジタルコンテンツのセキュリティの研究をしておりました.一般的にセキュリティとは難しい,面倒,理解が不可能と言うイメージがありますが,誰にでも理解でき利用できる簡単なセキュリティの基盤となる技術を築き上げたいと思ったからです.この技術を上位概念化し,社会に求められている問題を調査し,具体的なソリューションへと落とし込みました.その成果が,現在私が設立した会社のコア技術となっています.

この技術は日本国内で広がり始めていますが,国境や言語を問わないため同時に世界中にも広がり始めています.在学中,研究ももちろんですが,シードから社会で求められている技術に育て上げる論理的思考とそれを具体化する方法を学べたことが今の私につながっています.

学生の皆様,京都大学では出る杭をとことん伸ばし,その中から本物のイノベーションを起こすことが出来るのです.そして,それが世界を変えることが出来ます.小さなところで収まらず,本学で学んだことを活かし,世界中で発生している社会問題を解決していくことをミッションとして自分の信じる活動に励んでください.

山肩 洋子

山肩 洋子(やまかた よおこ)

情報学研究科 特定准教授

2002年 知能情報学専攻 修士課程修了
2005年 知能情報学専攻 博士後期課程研究指導認定退学
2006年 博士号取得

私は博士後期課程に進学した頃から,家庭での「料理」を対象とした研究を行っています.料理とは,複数の食材を組み合わせ,様々な道具を使って加工し,「料理」という製品にする,いわば「ものづくり」の一つだと考えています.この極めて高度な人間の創作活動を,コンピュータが人から学び,また人に教えるにはどうしたらいいかという問題に学術的な魅力を感じて,博士論文のテーマに選びました.

最近は,世界中で生活習慣病や肥満の問題が深刻化していることから,食にまつわる情報処理研究が国際的にも盛り上がってきており,私も国際学会での発表や企画・運営に参加する機会が増えてきました.京都大学で,世界的に活躍しておられる先生方に学べたこと,また留学生が多く世界に開けた環境で過ごせたことは,いま国際的な場で活動していく上で大いに役立っていると感じます.

また,情報学はもっと女性が活躍できる学問だと思います.一般的に女性が多いとされる化学系や薬学系の友人は,実験対象が少し放っておくと「死ぬは枯れるは腐るは」で休みなしだとぼやいていましたが,コンピュータは「死なない枯れない腐らない!」いま私には小さな子供が二人いますが,子供の病気で仕事を休まなくてはならないときでも,自宅から研究室のコンピュータにログインして研究を進めることもできます.クリーンな環境で,自分の生活に身近な研究テーマに取り組むことのできるこの学問に携わる女性がもっと増えていくことを願っています.

渡邊 春隆

渡邊 春隆(わたなべ はるたか)

環境省徳之島自然保護官事務所 自然保護官

2011年 社会情報学専攻 修士課程修了

私は大学院修了後に環境省に入省し,その後全国を転々としながら,主に自然環境の保全に関わる仕事をしています.2016年2月現在は鹿児島県の離島・徳之島で「奄美・琉球」の世界自然遺産登録を目指し,アマミノクロウサギをはじめとする希少野生動植物の保護や国立公園の指定に関する業務に携わっています.

私が所属していた研究室の分野では,小型のセンサーやカメラを動物に装着して行動を計測する手法「バイオロギング・バイオテレメトリー」によって,その対象の動物が「見えないところで何をしているのか」を解明する研究が進められています.例えば,その動物が「いつどこに動くのか」という情報は,その種の保存,特に保護区を設定する際には欠かせない情報です.当時の研究室には,私のように動物の生態・保全に興味の主軸がある者ばかりではなく,小型センサーの開発やそれにより得られたデータの解析手法を専門とするエンジニア的な人も一堂に会していました.専門分野,出身大学,国籍も様々で,ゼミなどではもちろんのこと,日常の何気ない会話を通しても見聞が広がった気がします.

情報学研究科の裾野は広大です.積極的に他分野の研究室と交流し,多様な学問,多様な人々との出会いを大切にしてください.その出会いは後の人生の宝物になるはずです.

松原 靖子

松原 靖子(まつばら やすこ)

熊本大学大学院 自然科学研究科 情報電気電子工学専攻 助教

2012年 社会情報学専攻 博士後期課程修了

私は熊本大学大学院自然科学研究科櫻井研究室で助教として働いています.主な研究テーマは大規模時系列データの非線形解析と将来予測です.より具体的な目的は,産業,Web, 医療,環境等,様々なフィールドで大量に生成される時系列ビッグデータの中から,重要な情報を自動抽出するためのモデルを提案すること,そして抽出された情報に基づき,将来の動向を高速かつ高精度に予測するための基盤技術を確立することです.

私の目標は,社会において広く浸透するような役立つ基盤技術を作ることです.現実にある大きな問題を解決し,世の中の様々な人々に価値をもたらすような新技術を生み出すことが,研究者である私の最大の責務だと考えています.このような考え方は,社会情報学専攻という環境の中で培われたもので,現在の私の研究理念を支える基礎となっています.私たちの時系列解析技術は,国内外の研究機関や企業の方々から高い評価をいただき,特に複数の企業の方々とは継続的な共同研究を行っています.社会に新たな恩恵をもたらす高度な解析技術の実用化を目指し,日々精力的に研究活動に取り組んでいます.

情報学研究科,社会情報学専攻,そして師である吉川正俊先生には,私が研究者として,そして技術者として生きていくにあたり非常に大切な価値観を教わりました.ここには異なる様々な分野で活躍している先生が沢山おられますが,同時に,情報分野の技術発展と社会貢献への思いに関しては共通の理念を感じます.皆さんも是非,この自由で素晴らしい環境の中でプロフェッショナルな研究活動に取り組んでください.

末谷 大道

末谷 大道(すえたに ひろみち)

鹿児島大学 大学院理工学研究科 物理・宇宙専攻 准教授
JST さきがけ「脳情報の解読と制御」領域 研究者
理化学研究所 基幹研究所 理研-HYU連携研究センター 客員研究員

2001年 複雑系科学専攻 博士後期課程修了

私は,鹿児島大学において物理学の教育と研究活動を行っています.また,JSTのプロジェクトでは脳科学やロボット工学の研究者と一緒に運動制御の数理モデリングに関する研究を行っています.例えば,大学の卒論研究では蛇口から落ちる水滴をテーマにしています.水の流量の変化と共に周期的なリズムからカオスへの遷移など多様な振る舞いが現れますが,実験データから数理モデルを作って理解するためには,流体力学などの物理学をはじめ,信号処理や統計科学,機械学習などの知見も必要になります.

博士課程の指導教員は非平衡物理が専門の藤坂博一先生でした.数理や情報関係の研究室に囲まれた中で物理学の研究室である藤坂研で学べたことによって,異なる学問分野間の関係や思想の違いを感じ取ることができました.それは,その後の自分の視野を広げると同時に現在の研究スタイルにも繋がっています.

私個人の経験では,身につける知識や技術の量は卒業後も増やせますが,対象に対する興味の持ち方や捉え方は良くも悪くも学生の時と変わらないし変えられない気がしています.大学院で専門の知識や技術を学ぶことはもちろん必要ですが,その過程で物事に対する独自の視点を得ることはもっと大事で,情報学研究科はそのような経験を積むのに相応しい場であると思います.在学生の皆さんがこれからも研究活動に励まれるよう,私たち修了生は皆さんを応援します.

石戸 優美子

石戸 優美子(いしど ゆみこ)

Department of Automatic Control, LTH, Lund University, Sweden
Postdoctoral Fellow

2011年 数理工学専攻 博士後期課程単位取得認定退学

私は現在スウェーデンのルンド大学自動制御学科にてポスドクとして勤務しています.同学科では制御工学に関係する幅広い研究が行われており,他大学との共同研究や,ロボット制御,医用工学・電力プラント制御などの分野における産業界との連携も活発になされています.

私が卒業後こうしてスウェーデンまで来ることになったのは,何よりも京都大学在学中にグローバルCOEの若手研究者育成プロジェクトで支援していただいたことが大きいと思っています.博士課程在籍中,2度にわたる海外研究室への研修滞在をサポートしていただいたほか,米国の研究者との共同研究も支援していただきました.そのお陰で,博士課程1回生の時にはまともに話せなかった英語も随分改善され,こうして欧州でポスドクとして働くようになりました.京都大学のサポートがあってこそのことだったと思っています.

これから京都大学で研究生活を送る皆様には,そのような「京都大学だからこそ恵まれるチャンス」を積極的に活用してほしいと願っています.その後の進路をどう選ぶかによらず,そうして得た経験は人生において決して邪魔になるものではないと信じています.在学生の皆様が実りの多い研究生活を過ごされることを心より願っております.

鈴木 宙見

鈴木 宙見(すずき ひろみ)

ボッシュエンジニアリング株式会社

2007年 システム科学専攻 博士課程修了

私は,博士課程修了後に日本学術振興会の研究員を経た後,ボッシュエンジニアリング株式会社に勤めております.大学在籍時には状態拘束を持つシステムの制御系設計の研究を行い,現在はディーゼルエンジン電子制御のキャリブレーションエンジニアとして,車両開発現場での試験・顧客対応を担当しています.

大学の研究の時ほどの高度な制御理論は扱っていませんが,排ガス基準を満たすのに電子制御は不可欠で,燃料噴射系や排気ガス後処理装置,また故障検知において,ダイナミクスを考慮した設計が必要となります。製品の精度にばらつきのある中で制御をしなければならないので,ロバストな精度保証の考え方も必要となってきます.また,車両応答性改善のためのゲイン調整などは,研究室の実験機で行うのと同様のことを実際の製品で行うことになります。開発に関わる拠点は世界中にまたがるため,英語を用いる必要があり,国際学会での発表や学術論文の執筆などの経験は入社後から即役立っています.

皆さんが卒業後に働く場所では,多様なバックグラウンドの方々に会うことと思います.そういった中でも,堂々と自分を表現していける自信を身につけてください.

辻野 孝輔(つじの こうすけ)

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

2007年 通信情報システム専攻 博士課程修了

現在,株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに研究職として勤務しております,辻野孝輔と申します.平成19年3月に通信情報システム専攻 中村行宏研究室(現在の佐藤高史研究室)にて博士課程を修了し,同社に入社,現在は入社5年目になります.在学中は音響信号処理の研究をしておりましたが,入社後は,MP3やAACなどのオーディオ圧縮方式の次世代版にあたる,音声音響統合符号化の標準化活動に従事しました.その後,研究テーマをシフトし,現在は音声認識と自然言語理解の技術に携わっています.

このように,多少の関連性はありつつ異なる技術分野に挑戦している中で,学生時代に身につけた内容のうち,数理統計,ディジタル信号処理,通信工学,機械学習,計算機アーキテクチャといった基礎的内容が繰り返し役に立っていると感じます.研究室で学んだUnix/Linux系の計算機スキルも仕事を進める上で必須になっています.

学生のみなさまへ,私の経験は一例に過ぎませんが,学んだ内容が意外なところで役立つこともありますので,講義は幅広く聴いておくとよいと思います.講義の教科書とノートは,研究テーマから遠いものほどぜひ残しておくべきです.研究科で得た専門知識と課題解決スキルを活かし,皆様が社会で活躍されることを心より願っております.